最も需要が伸びる3月をターゲットに逆算する

年度末である3月は1年のうちで中古車が最も売れる月になります。

進学や就職、転勤などで車が必要となる人が
必然的に増えるからです。

しかし、3月の終わりぎりぎりに売約すればいいというものではありません。

通常、中古車の買取店は、買い取った車を中古車オークションに売却します。

買い取ってすぐにオークションに出品できるわけではないため、3月をターゲットに、1か月程度余裕をみて
愛車の売却を計画すると、より高く売れるチャンスも広がります。

車の種類によって売る時期を考える

車は車種によって売れる時期が異なる場合があります。

オープンカーは真冬よりも春先や夏場の方が売れやすいですし、
雪道に強い4WDは、やはり冬前の時期の方が売れやすくなります。

その車種が売れる時期よりも少し早めに売却できるように前もって計画しておくことがポイントになります。

自動車税の請求が来る前に売却する

自動車税は、毎年4月1日時点での自動車の車検証上の所有者に対して自動的に請求があがります。

このため、自動車税の請求が来る前の3月中に車を売約した方がトータルで特になるというケースもあり得ます。

例えば、5月に車を売却する場合、この時点で1年分の自動車税はすでに支払っています。

車の売却額の中に、自動車税還付分を正確に含めてくれる業者もありますが、多くの業者は全て込々での買い取り金額を提示してきます。

4月前後に車を売却する予定がある場合、多少無理してでも3月中に売却してしまった方が、余分な税金を支払わなくてもいい場合が多くなります。

このように、中古車を売却する時には上手にタイミングを見極めることが重要です。

売却する車に対しては、できるだけ税金等の費用がかからないようにし、3月が一つの切れ目であることを理解して、売り時を逃さないようにしましょう。