中古車売却を行う際には、名義変更が必要です。

必要な書類さえもっていけば、中古車買取業者が手続きを代わりにおこなってくれます。

自分で行うと手間が非常にかかるので、中古車買取業者に任せるようにしましょう。

ただし、自分名義ではない車は、売却が不可能です。

必ず名義変更を行ってから、売却するようにしましょう。

名義がローン会社やディーラーになっている場合は、そちらに問い合わせてください。

必要書類を受け取ったのち、陸運局で名義変更の手続きを行いましょう。

他人名義の中古車の場合は、その人に譲渡証明書といった必要書類を用意してもらったうえで、買取店に名義変更を委託してください。

一番面倒なのが、故人名義の中古車です。

相続手続きも絡んでくるので、全ての相続人の署名をもらう必要があります。

除籍謄本など必要書類を揃えたうえで、陸運局で名義変更をおこなってください。

中古車を売却する場合、必ず自分名義にしてから買い取ってもらいましょう。

中古車買取業者に頼めば名義変更の手続きを大幅に省けますが、場合によってはトラブルに発展することもあります。

名義変更が遅れる場合や、行われない可能性もあるので、注意してください。

名義が変更されないまま中古車が事故を起こしたり犯罪に使用されると、トラブルに巻き込まれてしまいます。

納税義務も発生してしまうので、早く名義変更を行って貰いましょう。

いつまでに名義変更されるのか、売却前に確認しておくことが重要です。

売却後15日までには、名義変更を行って貰いましょう。

もしも確約がとれないのであれば、その中古車買取業者での売却は避けてた方がよいです。

また、名義変更が完了した際には、名義変更が正しく行われたことを証明してもらってください。

中古車売却に置いて、名義変更は非常に重要です。

売却前の名義確認をしっかり行うことと、売却後の名義変更をしっかりと行って貰うことが大事です。

スムーズに名義変更できるように、詳細を調べておきましょう。